TEL:093-521-6000

営業時間:10:00~20:00

TEL

GLP-1ダイエット

  • HOME
  • GLP-1ダイエット
キャンペーン価格
キャンペーン価格

GLP1ダイエットについて

内服のGLP1

リベルサス

注射のGLP1

サクセンダ

診療内容

GLP-1について

GLP-1は食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促す働きがあるホルモンの1つです。GLP-1には血糖値のコントロールと食欲の抑制も目指せます。GLP-1は、血糖が高くなったときのみインスリン分泌を促し、逆に血糖が低くなると血糖が下がりすぎないように調節してくれる効果が期待できます。GLP-1の分泌量には個人差があり、分泌量が少ない人は太りやすく、分泌量が多い人は痩せやすいというように体質にも影響を見込めるものです。

リベルサス

リベルサス

リベルサスは、GLP-1受容体作動薬の一種で、減量に有効とされる成分「セマグルチド」が含まれています。血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する他、胃腸の動きを調整し食欲の抑制が可能です。血糖値を低下させるはたらきがあるため、糖尿病の治療薬として使われています。GLP-1受容体作動薬は、注射を使ってGLP-1を投与するものがほとんどですが、リベルサスは口から飲める(経口投与できる)ことが特徴です。

空腹時にコップ約半分の水とともに、3mg錠、7mg錠、14mg錠のいずれかを1錠ずつ服用します。お茶やコーヒー、服薬ゼリーなどでの服用は控えてください。錠剤は割ったり噛んだりせずに、そのままの状態で飲み込みます。リベルサスを飲んだ後は、30分~2時間程度、食事や水分の摂取を控える必要があります。どうしても水分を摂取したい場合でも、最小限に抑えなくてはいけません。服用当初は意識障害が起きやすいので、最も少ない3mg錠からの服用をはじめます。

料金

表示価格はすべて税込価格です。

【リベルサス30日分】GLP1内服3mg 通常価格:11,000円
キャンペーン価格:8,800円
【リベルサス30日分】GLP1内服7mg 通常価格:27,500円
キャンペーン価格:17,600円
【リベルサス30日分】GLP1内服14mg 通常価格:44,000円
キャンペーン価格:30,000円

リベルサスの主な特徴

  • 自然に食欲を抑えられる
  • 太りにくい体質になれる
  • 自宅で治療を続けられる
  • 注射が苦手な方でも摂取しやすい

リベルサスの服用によって自然に食欲が抑えられ、空腹感も少なくなります。食事量が減ることでダイエットの効果が期待できます。内臓脂肪の燃焼や基礎代謝の向上も見込めるので、体質を改善できる可能性が高いです。また1日1回錠剤を経口投与するので、他の注射タイプのGLP-1受容体作動薬と比べて痛みがなく、利用しやすいです。ハードな運動や厳しい食事制限は必要なく、適度な運動と食習慣の見直しでダイエット効果を見込めます。

「2型糖尿病治療薬」の承認

リベルサスは、「2型糖尿病治療薬」として製造販売の承認を受けています。日本では2020年に承認を取得し、2021年2月から販売が開始されました。食事や運動療法で効果が出ない2型糖尿病患者は、リベルサスで血糖値のコントロールができます。飲める糖尿病の治療薬として、新しいGLP-1受容体作動薬です。

女性

リベルサスの作用機序

  • GLP-1がインスリンの分泌を促す
  • 血糖値をコントロールして食欲を抑制する
  • 胃腸の動きをコントロールして消化速度を緩やかにする
  • 脂肪分解や代謝を促す

リベルサスに含まれるGLP-1はインスリンの分泌を促進し、血糖値をコントロールすることで食欲を抑えます。GLP-1の服用により、食事量を抑えることが可能です。胃腸の動きを緩やかにするはたらきがあるため、食べ物の消化速度が遅くなり、通常よりも少ない量で満腹感を感じられるようになります。さらに脂肪分解や代謝を促進する効果も期待でき、基礎代謝が向上して脂肪の燃焼につながります。

リベルサスによる副作用

  • 胃腸障害(嘔吐、吐き気、下痢、胸やけ)
  • 低血糖
  • めまい
  • 味覚異常
  • 消化不良
  • 糖尿病網膜症

胃腸障害は、内服を継続すると副作用が軽くなる可能性があります。副作用の発現リスクを抑えるために、徐々に投与量を増やす方法を用いられるのが一般的です。また、リベルサスの服用によりまれに低血糖に陥る可能性があります。ただし、血糖値の上昇に応じて数値を低下させる薬のため、必要以上に血糖値を下げてしまう可能性は高くありません。上記の他にも、さまざまなリスクが考えられるため、リベルサスの副作用に不安がある方は一度医師に相談してみましょう。

サクセンダ

サクセンダ

サクセンダは、2014年12月にアメリカのFDA (米国食品医薬品局)で、抗肥満症薬として認可されたのを皮切りに、2015年2月にカナダ、2015年3月には欧州連合(EU)加盟28か国でも、肥満症の適応で認可を取得しております。
サクセンダは体質から痩せやすくするため、ストレスなく痩せる見込みがあります。脂肪吸引や痩身マシンは落としにくい「皮下脂肪」の減少効果はございますが、健康上問題となる「内臓脂肪」の減少効果はございません。「内臓脂肪」を落とすためには、食事療法を始めとした、いわゆるダイエットが必要です。ラクやせ外来では、自然に食欲を抑制しながら太りにくい体質に導けるため、ストレスなく、健康的に「内臓脂肪」を減らセル効果が見込めます。

料金

注射針、アルコール綿を無料でお付けいたします。
表示価格はすべて税込価格です。

【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)1本 通常価格:27,500円
キャンペーン価格:14,000円
【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)5本 通常価格:137,500円
キャンペーン価格:67,500円
(1本あたり13,500円)
【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)10本 通常価格:275,000円
キャンペーン価格:130,000円
(1本あたり13,000円)

こんな方におすすめ

  • 食事制限でストレスフルになり、ダイエットが長続きない
  • 自宅やジムでの運動が苦手で、ダイエットが長続きしない
  • 一時的なダイエットに成功しても、リバウンドしてしまう
女性

サクセンダの特徴

①血糖値の急上昇を防止

食べたものは、胃から小腸へ移動し、小腸で吸収されますが、サクセンダには、胃から小腸への移動を遅らせる作用があります。早食いの人でもゆっくり食べているのと同じことになり、血糖値の急上昇を防止します。

②自然に食欲を抑制

サクセンダには、食欲を自然に抑えるという作用があります。また食べ過ぎを防ぐことで、高血糖を予防できます。(血糖値が80以下において作動しないため、低血糖症状の方でもご安心ください)

③太りにくい体質に

持続的な処置により、無理なく太りにくい体質を目指せます。

④将来的な疾病予防にも

継続的な処置により、食後高血糖や肥満が原因となる様々な疾患を防げます。具体的には、脂肪肝の改善・心血管系の保護・腎機能保護・高炎症状態の改善(高炎症状態の代表格である気管支喘息が楽になったなど)・脂肪燃焼作用・膵臓の保護効果などの、将来的な疾患予防になると考えられています。

サクセンダの注射方法のご案内

処方量はドクターとご相談ください。

サクセンダ

サクセンダの副作用

治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状がでることがあります。ほとんどが続けていくことで慣れてきますが、1日1回タイプのものであれば投与量を減量し、徐々に体にならせていく方法などもあります。副作用を強く感じた場合には、無理に増量をせずにクリニックにご相談ください。

治療が受けられない方

​1型糖尿病、甲状腺癌の既往、家族歴のある方のある方はお受けいただけません。持病、既往歴、アレルギー、内服薬・外用薬、妊娠・出産、その他お客様のお肌の状況によっては医師の判断により施術をお断りすることがございます。詳細はクリニックまでお問い合わせください。

料金表

表示価格はすべて税込価格です。

内服

【リベルサス30日分】GLP1内服3mg 通常価格:11,000円
キャンペーン価格:8,800円
【リベルサス30日分】GLP1内服7mg 通常価格:27,500円
キャンペーン価格:17,600円
【リベルサス30日分】GLP1内服14mg 通常価格:44,000円
キャンペーン価格:30,000円

注射

注射針、アルコール綿を無料でお付けいたします。

【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)1本 通常価格:27,500円
キャンペーン価格:14,000円
【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)5本 通常価格:137,500円
キャンペーン価格:67,500円
(1本あたり13,500円)
【サクセンダ】GLP1注射(毎日打つタイプ)10本 通常価格:275,000円
キャンペーン価格:130,000円
(1本あたり13,000円)